指輪を学ぶ

結婚指輪(マリッジリング)の起源とは

結婚指輪(マリッジリング)の起源とは 指輪をはめる習慣の起源は古代エジプトにまでさかのぼります。
そして古代のエジプトやギリシャでは左手薬指が心臓とつながっていると考えられおり、この指に指輪をはめる習慣があったようです。
古代において指輪をはめることは契約の証の意味があり、権力や地位の象徴として使用されており、現在の印鑑や署名に相当する認印として粘土板の契約書に押印するために用いられていました。
現在一般的に行われているような結婚での結婚指輪の交換を行ったのは、9世紀のローマ教皇ニコラウス1世が最初だと言われています。
当時の文献には「花婿には鉄の指輪、花嫁には金の指輪を交換した」と記載されており、指輪が結婚の約束(契約)の印として用いられました。
9世紀のローマ起源とする結婚指輪交換の習慣は13世紀頃になってカトリックの司祭が結婚式に立ち会うようになってからヨーロッパ各地で広く行われるようになりました。
現在は一般的にプラチナが結婚指輪に用いられていますが、13世紀当時の指輪は強い結びつきを象徴する鉄が使用されていました。
ちなみに日本人が結婚指輪を贈る習慣が一般化したのは戦後の高度成長期の頃なので、50年くらいの歴史ということになります。

結婚指輪の決め手となるものとは

結婚指輪は婚約指輪と異なり、夫婦ペアで購入されるのが一般的です。
そのため、新郎と新婦の好みがそろったものであることが決め手とされることが多いとされています。
しかし、結婚指輪は生涯にわたってつけ続けるものでもあるため、私生活を行う上では傷や劣化の原因となってしまいます。
そこで、装飾性が少なくシンプルであるものが求められ、ある程度の耐久性を保つ素材となるのがプラチナです。
プラチナは希少性の高い金属となるため、その価格は高額となりますが、光沢を失わず傷にも強いという特徴があります。
また、ゴールドなどと異なり純度の高いものであるため、高級感を保つことができるというメリットもあります。
プラチナ以外にもホワイトゴールドなどといった素材のものもありますが、見かけは似ていてもある程度の年数を経過すると光沢は失われることになります。
そのため、結婚指輪は、シンプルでありながらも耐久性の高いものを選択することが決め手となります。