指輪を学ぶ

結婚指輪を購入するタイミングとは

結婚指輪を購入するタイミングとは 結婚指輪とは、結婚のしるしとして新郎新婦が取り交わす指輪のことを言います。購入するタイミングとして、多くのカップルは挙式6ヶ月前後に購入している傾向にあります。
ちょうどその時期は、式場の予約をしたり契約を交わした時期と重なっているのが理由です。式場が指輪販売業者と提携していることもあるため、予約の際にお得に購入している人もいます。
基本的に挙式前に購入する必要はありませんが、結婚式のセレモニーの定番として指輪の交換を行うことが多いので、その儀式を行う場合は事前に購入しておくのがベストタイミングと言えるでしょう。遅くても3ヶ月前までに用意しておいたほうが良いでしょう。
ただし結婚指輪のデザインにこだわったり、オーダーメイドで購入したいと考えている場合は、完成まで時間が必要となります。
またプロポーズや結納のタイミングで用意したいと考えている場合には、結婚式の10ヶ月前から8ヶ月前後には用意しておきましょう。

結婚指輪はプロポーズの時に合った方が良い?

お付き合いをして、いざ結婚したいと思った時にするプロポーズするわけですが、その際に結婚指輪が必要かどうかは正直そこまで重要ではないとは思います。
ドラマや映画のワンシーンでよく結婚指輪を見せながらプロポーズしていますが、案外普通の日常でそんな風にされてもどうなのでしょうか。
大切なことは、やはり結婚したい気持ちを一番相手に伝える事だと思います。結婚指輪と言う物をチラつかせて結婚させるのも、冷静になってみるとおかしな話です。
女性としては、プロポーズをされて一緒に指輪を選ぶ方が嬉しいのではないでしょうか。
ずっと身につける事になる結婚指輪ですから、自分好みの物が良いと思います。そうやって二人して色々意見しながら決めてゆくのも素敵な時間だと思います。
何度もある事ではない結婚に向かっての一つ一つの作業を二人でじっくり決めて言った方が、後々後悔も少ないでしょうし、良い思い出となる事でしょう。そういってたくさんの素敵な思い出を作ってください。