指輪を学ぶ

ぜひ知っておこう結婚指輪の常識

ぜひ知っておこう結婚指輪の常識 結婚を約束してから結婚するまでの間は婚約期間、プロポーズの時にプレゼントするのが婚約指輪(エンゲージリング)で、結婚式で交換するのが結婚指輪(マリッジリング)です。
婚約指輪は男性から女性に贈り、女性から男性には贈らないことも多く、女性に対する男性の気持ちを形にするため、永遠の愛の象徴・ダイヤモンドや女性の誕生石などの宝石付きが好まれ、最近では価値観が多様化していますが、かねて”給料の3カ月分”と表現するのはこちらです。
一方、結婚指輪は、結婚した後も日常生活の中で付けたままにするため、家事や仕事の妨げにならないように、宝石がついていないシンプルなデザインを選ぶのが常識です。
 そのため、純金やプラチナでも、宝石がついていなければ婚約指輪よりも手ごろな価格で購入することができます。
 結婚指輪は、結婚式などで”交換”するものとはいえ、ペアのデザインで選ぶので、別々に選ばずに同じお店で購入するのが常識です。
 そのとき、交換だから男性に贈るものは女性が支払うと考えがちですが、これから先は一つの家計になるので、どちらが支払うかにこだわる必要はありません。

失敗しない結婚指輪の選び方

結婚指輪は結婚後日常的に身に付ける事が多いリングです。
毎日目にする物なので、失敗したなと思う事のないようにしたい物だと思います。
まず結婚指輪選ぶ際に気を付けたいのは、飽きのこないデザインかという事です。
あまり派手な物を選ばれると暫くしてから飽きてしまうのはもちろん、年齢を重ねた時に似合わなくなり使用しにくくなるという場合もあります。
そしてもう1つ大切なのが素材や厚みです。
結婚指輪ではプラチナが主流ですが、最近はゴールドのタイプも人気が出ています。
ただ、ゴールドは肌なじみが良くデザイン性が高い反面プラチナと比べると強度が弱い為、厚みがなく薄いタイプのデザインだと使用しているうちに変形してしまうという事もあります。
ピンクゴールド等の上から色を乗せている物だと使用しているうちに色が剥げてくる事も多いです。
失敗しない指輪を選ぶ為には長く着けていく事を考えて、耐久性のある素材や歳を重ねても違和感のないデザインの物を選ぶ事が大切です。